オンラインショップへ

分とく山の野﨑洋光さん『ざるおぼろ豆腐のうぐいす餡』

プロのおすすめレシピ 分とく山 野﨑洋光さん

分とく山 野﨑洋光さん

分とく山 野﨑 洋光

1953年、福島県出身。武蔵野栄養専門学校を卒業後、「東京グランドホテル」で修行。白金「八芳園」を経て、80年「とく山」料理長へ。89年「分とく山」総料理長に。

体がほっとする素朴なおいしさ

 僕は、「日本料理の真髄は関西にあり」とは思っていないんです。おいしい料理は日本中にあるのですから、京都の真似をする必要なんてない。地方の人こそ、「自分たちの料理がおいしい」と自信を持ってほしいと思っています。
 ふうせつ花のお豆腐や湯波は、京都のそれとは違います。素材の味を生かしたおいしさ、独自の哲学がある。
 ふうせつ花のお豆腐には、体がほっとする素朴なおいしさがあります。素材がいいから、余計な手を加える必要がないんです。

分とく山 野﨑洋光さん『 ざるおぼろ豆腐のうぐいす餡』

分とく山 野﨑洋光さん『 ざるおぼろ豆腐のうぐいす餡』

材料

  • ざるおぼろ豆腐 1個
  • エンドウ豆(生グリンピース) 100g
  • 水 30cc
  • 塩 1g
  • 薄口醤油 少々

作り方

  1. エンドウ豆を色よく柔らかく茹で、フードプロセッサでペーストにして、調味料で味付けする。
  2. でき上がったうぐいす餡を、ざるおぼろ豆腐にかけていただく。

分とく山の野崎洋光さん『スナップエンドウと湯波のソース』

分とく山 野﨑洋光さん『 スナップエンドウと湯波のソース』

材料

  • 青大豆湯波 2本(約100g)
  • スナップエンドウ 150g
  • 豆乳 50cc
  • 薄口醤油 15cc
    (お好みでコショウ)

作り方

  • スナップエンドウを茹で、フードプロセッサでペースト状にして、すべての材料と混ぜ合わせる。

日本料理 『分とく山(わけとくやま)』

東京都港区南麻布5-1-5/TEL:03-5789-3838
営業時間:17:00~23:00(L.O.21:00)/定休日:日曜日、年末年始